ガジェット

PS4でBluetooth機器(イヤホン・ヘッドホン)を接続させる方法~Creative BT-W2は良かったが…~

4月 22, 2021

お疲れ様です!鷲厳です!

cats 13 - PS4でBluetooth機器(イヤホン・ヘッドホン)を接続させる方法~Creative BT-W2は良かったが…~

今回は、PS4でBluetooth機器(イヤホン・ヘッドホン)を接続させる為に、『Creative BT-W2』を購入したのだが結局失敗したので紹介!

結果を先に書くと『Creative BT-W2』自体は使い勝手も良く、簡単に手持ちのオーディオ機器をPS4にBluetooth接続できたのだが、こいつにBluetoothでペアリングさせるヘッドホン側に問題があり、結局満足いく結果にはならなかった。

この記事では…

PS4にBluetooth接続対応のオーディオ機器(ヘッドホンやイヤホン)をBluetooth接続させるには?

PS4にこの機器(Creative BT-W2)を接続させた時のメリットやデメリット

PS4にこの機器(Creative BT-W2)とペアリングさせるのに適したヘッドホンの紹介!

…を記していく。

って事で買った『Creative BT-W2』はコチラ↓↓↓

DSC 0836 - PS4でBluetooth機器(イヤホン・ヘッドホン)を接続させる方法~Creative BT-W2は良かったが…~

Amazonで購入!

まぁまぁ高かったけど、安物買いの銭失いはしたくなかったのでこいつを購入!

結果的にはPS4でオーディオ機器をBluetooth接続させるにはこれで正解だったようだが、ペアリングさせる相方のチョイスを失敗した…

最初に

DSC 0848 scaled - PS4でBluetooth機器(イヤホン・ヘッドホン)を接続させる方法~Creative BT-W2は良かったが…~

約10年使った筆者の相棒のヘッドホンの調子が最近悪くなってきた。

こいつは、Sonyの光デジタル接続が出来るdp-rf7100だ。

今はもう生産すらされていない骨董品だが、PS4に光デジタル接続させるとかなり快適に使えていた。

疑似ではあるが7.1chだし、無線なのに遅延がない(…っと言ってもいいくらい)

だが、最近になってちょくちょく音切れを起こすようになってきた。

これはストレスだ…

一瞬だけなら許容しよう…

だがその一瞬を何回もされたら、それはもう…ただのストレスだ。(寿命が来たのもあるのだろう…)

って事で、新しい同じようなヘッドをAmazonで覗いてみたら…

シンプルに高い!

…と言う事で、コスパの良さそうなコチラ↓↓↓のBluetooth接続のヘッドホンを代わりに購入した。

cats 11 150x150 - PS4でBluetooth機器(イヤホン・ヘッドホン)を接続させる方法~Creative BT-W2は良かったが…~
【Anker】 Soundcore Life Q30をレビュー!~1万以下の汎用性が高すぎるヘッドホン~

続きを見る

それが、負の連鎖の始まりだった。(ヘッドホン自体はマジでコスパ良いと言ってもいいくらいの品)

20210419202014 - PS4でBluetooth機器(イヤホン・ヘッドホン)を接続させる方法~Creative BT-W2は良かったが…~

早速、PS4にこのコスパ抜群のヘッドホンをBluetoothで登録させようとしたのだが…

20210419202050 - PS4でBluetooth機器(イヤホン・ヘッドホン)を接続させる方法~Creative BT-W2は良かったが…~

えっ!?そんな事ある!?

あの天下のSony様のゲーム用機器なクセにBluetoothオーディオ機器には対応していないだと…

って事で、早速グーグル先生に相談し、これなら「PS4にBluetooth接続出来るで~」的なアイテムを購入した。

それが、『Creative BT-W2』だ。

DSC 0837 scaled - PS4でBluetooth機器(イヤホン・ヘッドホン)を接続させる方法~Creative BT-W2は良かったが…~

こいつがやってくれる仕事は…

簡単に言うとこいつ自体をオーディオ機器とPS4に認識させて、PS4から発信される音楽信号をBluetoothでヘッドホンやイヤホンに飛ばすという仕事だ。(今回はPS4に限った記事だが、勿論PCでも同じ仕事をしてくれる)

かなり格安な同じような機器もあったが、やはりそういうのも値段なりだろう。

冒頭でも書いたが安物買いの銭失いをしたくないので、こいつを購入した。

DSC 0839 - PS4でBluetooth機器(イヤホン・ヘッドホン)を接続させる方法~Creative BT-W2は良かったが…~

PS4でも使えますよ的なロゴもある!

当たり前だ!その辺はちゃんとAmazonレビューとか見て、確認したもん!

DSC 0838 - PS4でBluetooth機器(イヤホン・ヘッドホン)を接続させる方法~Creative BT-W2は良かったが…~

そして、なぜ他の同じような安い機器があるのに、この割高のCreative BT-W2をチョイスしたのか?

それは…

専用ドライバーが不要で、簡単に接続ができるから!

他の安い同じような機器では専用ドライバーが必要で、最悪PS4に認識してもらえない可能性があるからだ。

そうなってしまっては正に安物買いの銭失い!情報弱者の極みだ。

(最終的に筆者も情弱だったワケだが…)

Creative BT-W2を見ていこう!

開封

DSC 0840 scaled - PS4でBluetooth機器(イヤホン・ヘッドホン)を接続させる方法~Creative BT-W2は良かったが…~

開封してみるとこんな感じ!

鼻で笑ってたのは内緒だ。

精密機器なので、こんな感じの梱包なのだろう。

精密機器なので、シリカも必要なのだろう。

DSC 0841 - PS4でBluetooth機器(イヤホン・ヘッドホン)を接続させる方法~Creative BT-W2は良かったが…~

あとは、説明書やワランティカード類だ

説明書は多言語表記で、勿論日本語表記あり!

このような機器を初めて触る筆者でも、普通に使える様になる内容だ。

フォルム

DSC 0842 - PS4でBluetooth機器(イヤホン・ヘッドホン)を接続させる方法~Creative BT-W2は良かったが…~

Creative BT-W2のフォルムはこんな感じ!

当たり前だがUSB接続。

DSC 0843 - PS4でBluetooth機器(イヤホン・ヘッドホン)を接続させる方法~Creative BT-W2は良かったが…~

裏っ返してみるとやはりUSB接続。

上と下をよく間違えるあのタイプだ。

DSC 0844 - PS4でBluetooth機器(イヤホン・ヘッドホン)を接続させる方法~Creative BT-W2は良かったが…~

ただ、専用ドライバーが不要なので取り扱いも簡単で、操作ボタンは1つだけ。

so simple!

Creative BT-W2の使い方とPS4側の設定の仕方

結果的に失敗したと記述したが、Bluetooth接続自体は簡単にできた。

だが、PS4の設定がややめんどくさかったのでそちらも紹介する。

まずはPS4にCreative BT-W2を刺します

DSC 0845 scaled - PS4でBluetooth機器(イヤホン・ヘッドホン)を接続させる方法~Creative BT-W2は良かったが…~

刺せましたか?

良く出来ました!

ちなみに、この画像のPS4はかなり汚いですが、そういうカラーです。

ダメージ加工と言うヤツです。

DSC 0846 - PS4でBluetooth機器(イヤホン・ヘッドホン)を接続させる方法~Creative BT-W2は良かったが…~

…とふざけるのはここまでにして…

このCreative BT-W2をPS4の刺すと、PS4はヘッドホンセットが刺されたと認識してくれる。

あとは、自身の持っているオーディオ機器(ヘッドホンやイヤホン)とペアリングすれば良い。

DSC 0842 - PS4でBluetooth機器(イヤホン・ヘッドホン)を接続させる方法~Creative BT-W2は良かったが…~

Creative BT-W2のペアリングのやり方は、この唯一あるボタンを3~4秒長押しすればLEDインジケーターがチカチカ光ってペアリングモードへ移行する。

PS4側の設定

Bluetooth接続されたからと言って、音が簡単に出るわけではない。

PS4側の設定次第では最初から音が出る人もいるだろうが、筆者はそうでもなかったので同じような人は参考にして欲しい。

それではPS4側の設定を行っていく。

●ホーム画面から設定→周辺機器へ

20210419201238 - PS4でBluetooth機器(イヤホン・ヘッドホン)を接続させる方法~Creative BT-W2は良かったが…~

●周辺機器からオーディオ機器へ

20210419201257 - PS4でBluetooth機器(イヤホン・ヘッドホン)を接続させる方法~Creative BT-W2は良かったが…~

●入力か出力機器を画像の様に設定

20210419201415 - PS4でBluetooth機器(イヤホン・ヘッドホン)を接続させる方法~Creative BT-W2は良かったが…~

入力か出力と書いたのは、どちらで設定しても同じになるからだ。

注意

入力はマイク、出力はCreative BT-W2とペアリングされたヘッドホン…と言う事ができない。

つまり、Creative BT-W2でBluetooth接続させるとマイクが使えないという事。

今の時代、PS4でゲームを嗜む多くの人はボイスチャットでキャッキャッ言いながらゲームするだろう。

しかし、Creative BT-W2を使うとそれが出来なくなる。

正確に言えばヘッドホンとマイクの同時接続ができないが、ヘッドセット(マイクと一体化したヘッドホン)ならボイチャも可能のようだ。

これが筆者がやらかした、第一の失敗だ。(筆者が購入したのはヘッドホンだった…)

20210419201718 - PS4でBluetooth機器(イヤホン・ヘッドホン)を接続させる方法~Creative BT-W2は良かったが…~

そして、最後に(別に最後じゃなくても良いのだが)

●ホームボタン長押し→クイックメニュー→ヘッドホンへの出力を「すべての音声」へ変更。

これで、Creative BT-W2とペアリングされたオーディオ機器から音が出るだろう。

Creative BT-W2とペアリングさせたオーディオ機器の性能が、かなり重要だよって話

PS4の設定を終え、やっとCreative BT-W2とペアリングさせたオーディオ機器から音が出るようになった。

筆者がペアリングさせたオーディオ機器はSoundcore Life Q30と言うヘッドホンだ。

DSC 0792 scaled - PS4でBluetooth機器(イヤホン・ヘッドホン)を接続させる方法~Creative BT-W2は良かったが…~

だが、何回も書いている通り結果は満足いくものではなかった。

なぜなら…

Soundcore Life Q30の対応コーデックはAAC / SBCの2種しかなかったから。

実は、この対応コーデックってのが超重要だったのだ。

対応コーデック (AAC / SBC) とは?

音声データを圧縮させる方法で、AAC /・SBCの他にも、aptX・aptX HD・aptX LLなどがある。

Creative BT-W2の対応コーデックはFastStream, SBC, aptX, aptXLLだ。

このコーデックの強さを表すと…

SBC < aptX < aptXLL(FastStreamはとりあえず置いておこう)

右に行けば行くほど高音質・そして低遅延になる。

筆者がわざわざ買ったヘッドホンSoundcore Life Q30はSBCには対応しているものの、その他のコーデック(aptX, aptXLL)には対応していなかった。

つまりCreative BT-W2にSoundcore Life Q30をペアリングさせた場合はSBCのコーデックしか合致していないので、SBCでしか接続されない。

SBCとは?

基本的なBluetoothオーディオ機器に搭載されている標準的なコーデックで、音質も普通、音の遅延(0.22秒程)もする。

つまり、Creative BT-W2とSoundcore Life Q30(SBCコーデック)をペアリングさせた状態で、ゲームをすると…

目で見た動きと聞こえる音がズレるという事。(音が遅れて聞こえてくる)

要は音ズレがするって事。(遅れてね)

FPSなどのゲームをやっているとその音ズレが顕著に表れる。

ただ、音ズレと言っても0,何秒とかの世界だが、余裕で体感できるくらいの音ズレが発生する。

これが実際に体感してみるとかなりのストレスで…

「もうこんな音がズレた(遅れた)世界ではゲームなんて出来ない!」

そう思っちゃうくらいの違和感だった。

動画などを見るだけでは、そこまで大きなストレスは感じなかったが…

でもPS4と言えばゲーム機だ、ゲームをするための機械だ。

音が遅れてくるゲームなんてただのストレスでしかなかった。

Creative BT-W2で快適にゲームをプレイしたいなら

cats 12 scaled - PS4でBluetooth機器(イヤホン・ヘッドホン)を接続させる方法~Creative BT-W2は良かったが…~

音ズレをすると何度も書いたが、悪いのはCreative BT-W2とペアリングをさせたオーディオ機器の方。

Creative BT-W2は何にも悪くない。

むしろ対応コーデックの幅も広く、面倒な専用ドライバーのインストールも必要ないし、ペアリングも簡単だ。

Creative BT-W2は良いヤツ。

ここは間違えないで欲しい。

そしてこの記事をここまで読んだ方ならなんとなく、わかってもらえただろう。

Creative BT-W2とペアリングさせるオーディオ機器には気を付けようと!

もし、Creative BT-W2とペアリングさせる用のオーディオ機器をまだお探し中なら…

出来れば、対応コーデックがaptXLLのヤツをチョイスして欲しい。

aptX ・aptXLLとは?

aptX…CD音源相当の音質でSBCよりも断然に音質が良い。遅延も0.07秒程。

aptXLL…aptXよりもさらに低遅延になったバージョン。遅延も0.04秒程。

最低でもaptXだ。

SBCやAAC(そもそも対応していない)だけのオーディオ機器はやめておけ!

ただaptXは0.07秒の遅延で、aptXLLは0.04秒の遅延。

その約0.03秒の差を体感でわかるのだろうか…(音質は一緒らしい)

シンプルにそう思ったが、やはりちょっとでも良いモノを使えばストレスが少ないだろう。

って事でパッとAmazonを覗いてみてコレ良さそうと思ったヘッドホンはこいつ!

aptXLLに対応で、しかもノイキャン付きだ!

Soundcore Life Q30もなかなかコスパに優れた良いヘッドホンだとは思ったが、正直こっちにした方が筆者の使用したい環境では良かったのかも…

Soundcore Life Q30(8990円)を購入した時は、コーデックなんてイマイチわからない状態で購入してしまい、今となってはもう2000円だしてこっちの方を買っておけば…と後悔している。(当時は情弱だったのだ…)

ただ、もう一つ気を付けて欲しいのは、Creative BT-W2経由でヘッドホンを使うとボイチャができなくなるという事。

オフライン系のゲームだけをプレイするだけでは問題ないが、オンラインでガッツリプレイするとなるとボイチャは必須だろう。

一応ボイチャもできるヘッドセットもあるようだが、FastStream対応のヘッドセットが必要との事。

PS4でワイヤレスヘッドホンで快適にゲームをしたいなら…

結局、PS4で快適にワイヤレスヘッドホンでゲームをしたいんやけど、どうしたらえぇのん?の最適解は…

Bluetooth接続じゃない2.4GHz接続のワイヤレスヘッドホンを使え!って事。

例えば…

こんなのとかね!(パッと見でこれ良いかも…となったヤツ)

これなら2.4GHz接続で遅延も気にならないし、ノイズキャンセリングでゲームの音に没頭できるし、7.1chサラウンドで立体感のある音、しかもハイレゾ対応、ヘッドセットだからボイチャもできる!

2.4GHz接続とは?

2.4GHzは、レシーバーを使って2.4GHzの電波で通信を行う接続方式

…筆者がやりたかった事や、この記事で書いたBluetoothに対する不満点が全て解消出来るヘッドセットだ!

つまり…

筆者がやりたかった事

PS4で使っていたヘッドホンの調子が悪くなったから、新しいBluetooth接続のヘッドホンを買って快適にゲームがしたかった。

新しいヘッドホンを買ったはいいが

PS4がBluetoothオーディオ機器に対応していなく、Creative BT-W2を使ってBluetooth接続出来たは良いが、音の遅延があって思っていたのと違った。

んで、色々調べた結果

Bluetooth接続自体よりも、2.4GHz接続の方が良い事にたどり着いた。(遅延がないという意味で)

そういえば、筆者が10年使ったヘッドホンも2.4GHz接続だったというのを思い出し、知らない内(当時)に良いモノを使っていたのだと気づいた。

って事で以上!(まとめ)

DSC 0847 scaled - PS4でBluetooth機器(イヤホン・ヘッドホン)を接続させる方法~Creative BT-W2は良かったが…~

結局、思っていた結果と違ったため、有線ヘッドホンと有線マイクで今後はPS4を使っていく事になった。

折角買ったCreative BT-W2はいつか使うかもしれない用にお蔵入りとなった。

小さいデバイスだからなくしそうだが、なくなったらなくなった時…だ。

この記事を読んだあなたは、筆者を同じ過ちを犯さないよう祈る!

筆者を同じ過ちを犯さないように…

筆者が欲しかったヘッドホン↓↓↓

筆者がPS4にBluetoothオーディオ機器をBluetooth接続させる為に買ったちいさなアイツ(Creative BT-W2)↓↓↓

Creative BT-W2とのペアリングに適しているヘッドホン(筆者選)↓↓↓

PS4に接続させるワイヤレスヘッドホンの最適解のヘッドセット(筆者選)↓↓↓

結局、筆者は有線ヘッドホンとして使う事になったヘッドホン↓↓↓

有線マイク↓↓↓

ヘッドホンとマイクを接続させるヤツ↓↓↓

それでは皆様に幸あれ!

-ガジェット

© 2021 鷲厳ブログ