POD型デバイス レビュー 電子タバコ(ベイプ関係)

【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

お疲れ様です!鷲厳です!

cats 2 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

今回は、【WOTOFO(ウォトフォ)】SMRT POD KIT(SMRTポッドキット)をレビュー!メッシュコイルを使うPOD型デバイスですが、既製品のメッシュだけではなく、メッシュコイルのリビルドも可能!更に、GTXコイルやPnPコイルとも互換性があり、使えるコイルの幅めちゃ広なPOD型デバイスです。

って事でコチラ↓↓↓

DSC 0391 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

ご提供: WOTOFO

SMRT POD KITについて

DSC 0392 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

最近のPOD型デバイスと言えば性能や味の表現力が上がり、十分にメインデバイスとして扱えるようになって来ましたね!

今回レビューする『SMRTポッドキット』も同様!

そしてなんと言っても、『SMRTポッドキット』の大きな特徴は、対応コイルの幅広さとメッシュコイルがリビルドできるって事!

DSC 0393 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

Manik Pod Mod(WOTOFO)で使えるコイル全てに互換性があります。

対応コイル

D11/D13/D14/D15/VoopooPnPシリーズ/VaporessoGTXシリーズコイル

将来的には市場のすべてのコイルに合うように、より多くのバッチをリリースする予定らしいです!

多くのPOD型デバイスは既製品のコイルを使用するのでランニングコストが掛かりますが、リビルドが可能になると言う事はランニングコストを下がるという事!

ランニングコストを下げたい!メッシュコイルのビルドがしたいって方にも対応したデバイスです!勿論、手間や時間が掛かるのはイヤだよって方は幅広い既製品のコイルメインで使う事も可能ですよ!

それでは見て触って使っていきます!

SMRT POD KITを見ていきます!

まずは見ていきましょう!

開封

DSC 0394 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

パッケージ内容

MANIKSバッテリー(本体)

SMRTPnP ポッドカートリッジ

SMRTPnPリビルド可能コイルキット

D15クラプトンMコイル(PnPコイルと交換可能)

Type-C充電ケーブル

ユーザーマニュアル 

WOTOFO製品は相変わらずの付属品山盛り!

ユーザーマニュアルには日本語表記有り!やや怪しい日本語ですが理解できる内容でした。

既製品のコイルが1つ、リビルド用のメッシュコイルシートが計6枚とコットンが6枚で合計7つ分コイルがあります。

このキット1つでかなり長い期間使用できますね!

スペック

DSC 0395 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

サイズ29.2 x 23 x 117.3mm 
ポッド容量4.5ml
ポッドカートリッジタイプ交換可能なコイル用の詰め替え可能なポッド
材質アルミニウム合金+ PCTG
ディスプレイ 0.96インチTFT
充填方法サイドフィル
エアフロータイプサイドエアフロー
バッテリータイプ内蔵2000mAhバッテリー
出力電力 5-80W
充電ポートタイプC
充電電流DC 5V / 1.5A
安全機能
低電圧保護、過充電保護、8秒カットオフ、短絡保護、低抵抗保護、過熱保護

最大出力数は80Wとサイズの割にはなかなかハイパワーで、バッテリーも2000mAhとこちらもサイズの割にはかなり容量がありますね!

充電ポートは勿論typeC!刺す際のストレスもなく、充電速度も速いので利便性抜群です!

最近のWOTOFO製品の特徴の一つでもあるnexCHIPが搭載されており保護機能も充実!

カラー

13 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

カラーは、ブラックブルー、ブラックレッド、ゴールド、ブラックの4種類!

今回のレビューのカラーはブラックです!

フォルム

DSC 0396 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

コチラ側は、パフボタン・ 0.96インチディスプレイ・サブボタンですね!

ボディの素材はアルミニウム合金で軽量化と強度を兼ね備えています。

ただ、ディスプレイ部分の指紋汚れなどは目立ってしまいますね…

DSC 0397 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

コチラ側は『MANIK』のロゴの主張が強め!

長く使っていると剥げてしまいそうな印象。

DSC 0398 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

トップ部分はこんな感じ!

ドリップチップはポッドと一体型です。

ポットの素材はPCTG。

メモ

PCTGとは靭性が高く衝撃に強い素材です。

エアーを取り込むエアホールが左右に開いています。

ポットに装着させるコイルの位置を考えると実質ボトムエアフローですね。

DSC 0399 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

ボトム部分はこんな感じ!

typeCの充電ポートがありますね。

水気のある所に立てて置くのはオススメできません…

DSC 0400 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

本体からポットを外してみるとこんな感じ!

ポットの装着は、マグネットによる磁力とハメ込み式で「ポロッ」っと取れる事はなさそうです。

DSC 0401 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

取り外してみたポットはこんな感じ!

最初からはコイルは入っていませんでしたよ。

リキッド補給はサイド部分から行えます。

リキッド容量は4.5ml!

DSC 0402 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

ポットのコイル装着部はこんな感じ!

この穴の径やドリップチップまでの高さが、D11/D13/D14/D15/VoopooPnPシリーズ/VaporessoGTXシリーズコイルの装着を可能にしています。

DSC 0403 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

ポットと本体の装着部分はこんな感じ!

SMRT POD KITを触ってみる!

DSC 0404 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

電源のオンオフはパフボタンを5回連続クリック!

DSC 0412 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

ディスプレイの表示されている内容は…

●バッテリー残量

●W数

●抵抗値

●V数

●パフ数(吸った回数)

●パフボタンを押していた時間(吸っていた時間)

とりあえず欲しい情報は網羅されています。

DSC 0405 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

サブボタン両方を同時押しでW数をロック!

長押しではなく同時に押すだけでロックが掛かります。

DSC 0406 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

電源オン時にパフボタンを3連続クリックでキーロック!

ロックをかける事で、パフボタンとサブボタンの操作が無効になります。

アンロックは同じようにパフボタンを3連続クリックです。

DSC 0407 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

パフボタンとサブボタンの「-」を同時押しでパフ回数のリセット!

これまでにカウントされていたパフ回数が0になります。

10回吸ったら終わりにしよう…とかの目安を付けやすい操作。

DSC 0408 horz - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

パフボタンとサブボタン「+」同時押しでディスプレイカラーの変更!

白、の計6色!

パフボタンと「+」ボタンを同時押しする度にカラーが変化していきます。

DSC 0414 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

最大出力は80Wまで可能。

1W毎の増減で調整できます。

メッシュコイルをビルドしてみる!

DSC 0415 scaled - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

って事でいよいよ今回の目玉、メッシュコイルをビルドして………いく前に付属品の確認をしていきましょう!

メッシュシート

DSC 0416 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

付属されるメッシュシートは3種類×2枚ずつの合計6枚!

各メッシュシートの特徴を見ていきましょう!

nexMESH Chill 

DSC 0417 horz - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

ポイント

0.20Ω(推奨出力:37-43W)

滑らかな風味、優れた蒸気生成。 

nexMESH Turbo 

DSC 0418 horz - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

ポイント

0.20Ω(最高出力:37-43W)

風味が増し、濃厚な蒸気が発生します。 

nexMESH Extreme

DSC 0419 horz - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

ポイント

0.20Ω(最高出力:45-55W)

非常に 温かみのある味わいで、大量の蒸気が発生します。 

コットン

DSC 0420 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

コットンは細長いタイプのヤツがメッシュシートと同じ枚数の6本!

このコットンは全体的にフワフワしているようなコットンではなく、シートタイプのコットンのような表裏両面がやや硬めのコットンでした。

メッシュコイル用のコットンなのでしょう。

SMRT PnPリビルド可能コイルキット

DSC 0421 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

コチラがメッシュコイルのビルドを可能にするキットのセットです。

各パーツの予備もある充実のセット内容。

単品での販売もされているので、MANIK POD MODを持っている方はこのキットを購入するだけでメッシュコイルのビルドが可能になります。

Let’sbuild

DSC 0422 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

それではいよいよビルドを始めていきましょう!

メッシュコイルのビルドを写真付きで説明してくれる説明書(英語表記)も付属されているので、それを見ながらビルドしていきます!

ちなみに緑のOリングは最後まで使いませんでした…

DSC 0425 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

先にコイルはキャップとベースに分かれるので、分けておきます。

DSC 0423 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

次にコットン、コットンの真ん中にメッシュシート、メッシュシートの上にジグを置きます。

DSC 0424 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

それをグルっとジグに巻き付けます。

DSC 0426 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

このグルっと巻き付けたヤツをコイルのベース部分に入れます。

DSC 0427 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

こんな感じ!

DSC 0428 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

角度を変えてみるとこんな感じ!

コットンの余る部分をベースの縦長のスペースから出す感じです。

DSC 0429 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

次に、メッシュシートの足の1本をベースの溝に入れ込むように折り曲げます。

もう一本はそのまま。

DSC 0430 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

そして次に使うパーツはこの黒いパッキンを使います。

DSC 0431 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

黒いパッキンを取り付けるとこんな感じ!

DSC 0432 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

次はこの金色のパーツを使いますよ!

コンタクトピンですね!

DSC 0433 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

こんな感じで黒いパッキンの所へ装着させます。

DSC 0434 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

あとは余分なコイルレッグを切り落とします。

DSC 0435 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

コットンも余分な部分は切り落とします。

ハサミで切りとるよりも、ニッパーで切った方がキレイに切り取る事が出ましたよ!

DSC 0436 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

後は、ジグを取り外します。

DSC 0438 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

完成させたコイルはこんな感じ!

見た事がある形になりましたね!

DSC 0439 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

最後は、キャップを被せて完成!

SMRT POD KITを使ってみる!

それでは無事メッシュコイルのビルドも出来たので、早速吸ってみましょう!

まずは準備

DSC 0440 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

まずはリキッドをポットの中に入れていきます。

DSC 0441 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

先にコイルにリキッドを軽く染み込ましておくと吉!

コイルの装着向きは、コイルのボトム部分のエアホールが画像のような感じで装着させると本体両サイドのエアホール合わさります。

DSC 0442 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

後はポットのパッキンを開けて…

DSC 0443 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

リキッドを補給させます。

DSC 0444 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

リキッドを入れたら中のコイルやコットンに完全にリキッドが染み込むまで約5分ほど待機!

DSC 0447 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

重量はポットにリキッドを入れた状態で約86g!

バッテリー容量が2000mAhもある事を考えると割と軽量な部類な印象。

SMRT POD KITで吸ってみる

DSC 0445 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

今回はビルドで使用したメッシュシートはnexMESHExtreme!

0.20Ω(最高出力:45-55W)なので50Wで頂いてみました!

うむ…

味に関してはよくあるクリアロな印象。

最近のPOD型デバイスは当然のように味が出るので、このSMRT PODも当然味がよくで出ます。

普通に味が出るPOD型デバイス!

基本的に推奨主力範囲が高めなので、フルーツ系などのざっくりしたリキッドとの相性が良さそう。

メッシュコイル+nexCHIP搭載なので立ち上がりも爆速で、パフボタンを押すと同時にミストが発生します。

出力幅も1~80Wまであるので、リキッドや自分の好みに合わせて調整できる所も嬉しいポイント!

ドロー感は軽めDLな印象。

MTLでは軽すぎるのでDL仕様なデバイスです。

約3日間使ってみた感想

サイズ感に関しては割とコンパクトなので、ポケットにも入れやすく持ち運びにはストレスを感じませんでした。

バッテリー容量も2000mAhもあるので、50Wで一日約5mlのリキッド消費でも十分に一日持ちました。

メイン使用も可能ですね。

そしてこのタイプのデバイスの弱点『液漏れ』に関しては…

やはり発生…

一晩放置で本体とポットの装着部に『ジワ漏れ』レベルの液漏れが発生してました。

コイルの個体差やメッシュコイルのビルドのやり方に寄るのでしょうが、ここはやはり気になります…まぁ…ダダ漏れよりかはマシですが。。。

気になるのは気になる。

長く使うとなると、こういうジワ漏れレベルでもストレスになるんですよね…

って事で以上!

DSC 0446 - 【WOTOFO】SMRT POD KITをレビュー!~メッシュコイルのリビルドが可能!対応コイルの多さも抜群なPOD型デバイス~

サイズの割にバッテリー容量もありメイン使用は可能!

なにより幅広いコイルに対応!

コスパが良いリビルドも可能なデバイス!

って言うか、VoopooPnPシリーズやVaporessoGTXシリーズコイルと互換性があるという事は、SMRTリビルド可能コイルキットを使えばVOOPOO DRAG S MOD PODやVaporesso GTX ONE Kitでもメッシュコイルのリビルドが可能って事!?(どちらのデバイスも持っていないので試せないですが…)

液漏れするという宿命は避けられませんでしたが、汎用性はかなり高いデバイスでした。

気になった方はコチラ

それでは皆様に幸あれ!

-POD型デバイス, レビュー, 電子タバコ(ベイプ関係)

© 2021 鷲厳ブログ