POD型デバイス テクニカルMOD レビュー 電子タバコ(ベイプ関係)

【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~

12月 3, 2020

お疲れ様です!鷲厳です!

cats 1 - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~

今回は、【Artery(アーテリー)】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!18650/20700/21700の3つのサイズのバッテリーに対応し、最大120Wまで出力が可能!またベプログショップでの購入なら510アダプターが付属されるのでPODとしてもMODしても使える爆煙仕様のAIOデバイスです!

って事でコチラ↓↓↓

DSC 0002 - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~

ご提供:ベプログショップadtserv - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~

Cold Steel AIOについて

DSC 0003 - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~

ポイント

コンパクトサイズ、快適な手触り、耐久性に優れ、初心者~上級者まで使い込めるAIOタイプ

最高のパフォーマンスを誇るRBAデッキ(別売り)をお使いいただけます。

ベプログショップでは510アダプターが付属します

最大出力120W。どんなアトマイザーでも楽しめます

4mlの大量タンク。リキッド補充は最低限に

18650/20700/21700の3つのサイズのバッテリーに対応

+1500円で高品質な21700バッテリーが1本付いてきます

視認性の高い0.96"インチのカラーディスプレーを採用

Type-Cの充電ポートで2A急速充電可能

保護機能の充実で安心

タンク内のリキッド容量を検知し、リキッド不足によるドライバーンを回避してくれます

DSC 0004 - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~

もはやPOD型デバイスなのかMODなのか、どちらかわかない…そんなAIOデバイスが登場!

RBAが出来て、RBAも乗せられるPOD型なのか…

ポッドも使えるMODなのか…

逆に言えば、RBA用コイルもあるし、既製品のコイルもあるし、そして510アダプターを使えばアトマイザーも乗せられる!

これ1台あれば何でも出来る、そんなデバイス!

って事で、見て触って使っていきます!

Cold Steel AIOを見ていきます!

そんな色々出来るAIOデバイスを早速見ていきましょう!

開封

DSC 0005 - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~

パッケージ内容

Artery Cold Steel AIO mod

XP 4.0ml ポッド

0.15オームXPコアコイル(装着済み)

0.4オームXPコアコイル

18650バッテリー変換アダプター

予備のOリング

エアフロー調整用シリコンパーツ*4

ユーザーマニュアル

(ベプログ限定)510アダプター

(+1500円)Klejjs 21700バッテリー

充電ケーブルは付属されていませんでした…

ユーザーマニュアルには日本語表記はありませんでしたが、なんとなくわかる内容でした。

+1500円の方を選ぶと21700バッテリーも付属されます。

別途購入するのが面倒な場合は一緒に頼んじゃいましょう!

スペック

DSC 0006 - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~

ブランドARTERY(アーテリー)
商品名Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー XP)
バッテリー3つのバッテリーに対応・21700 / 20700 / 18650
タイプオールインワンポッドmodシステムキット
出力電力1 W - 120 W
出力電圧0.5 V - 8 V
抵抗値範囲0.1 Ω - 3 Ω
付属コイル0.15ΩXPコアコイル(装着済み)
0.4ΩXPコアコイル
エアフローシリコンパーツによる調整
その他仕様 / 保護機能・短絡保護
・過熱保護
・過電流保護
・過充電保護
・低電圧保護
・8秒カットオフ
サイズ◆Artery Cold Steel AIO mod
・高さ × 横幅 × 奥行 : 106.5 mm × 39.1 mm × 28 mm
・重さ : 190 g
リキッド容量4.0 ml

保護機能満載!

スペック的に見てもテクニカルMODと言っても良いと思いますよ!

カラー 

ベプログショップでの取扱カラーはシルバーとカッパーの2種類!

今回レビューするカラーはカッパーです!

フォルム

DSC 0007 - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~

それではじっくりと本体回りを見ていきましょう!

渋いカッパー色!

パフボタンやサブボタンまでカッパーがありますね!

DSC 0008 - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~

特徴的なポットのリキッド容量は4ml!

コイルの性能を鑑みると、もはやクリアロレベル!

DSC 0009 - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~

充電ポートは汎用性が高いtypeCですね!

ベントホールを兼ね備えたバッテリーキャップを開けてみると…

DSC 0010 - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~

18650バッテリー変換アダプターが入っていました。

これで、18650/20700/21700の3種類のバッテリーに対応!

バッテリー装着向きは、バッテリーキャップ側が「-」、アトマイザー側が「+」です。

DSC 0011 - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~

重量は21700バッテリー込みで実測約261gでかなりズッシリした重量ですね!

性能などを考えると、そんなモンでしょう!

DSC 0012 - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~

ポットの脱着はコチラのプッシュボタンをプッシュ!

結構ガチっとハマる感じなので、不意に取れる事はなさそうでした。

DSC 0013 - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~

取り外してみるとこんな感じ!

ポット

DSC 0014 - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~

ポットにはすでに付属の0.15オームXPコアコイルが装着されていました。

0.15Ωですよ!クリアロレベルやん!

DSC 0015 - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~

リキッドチャージはトップフィルです。

スライド部分をスライドさせるタイプ!

ニードルタイプなら問題ないですが、スポイトタイプはちょっとシンドそう…

DSC 0016 - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~

ドリップチップは510規格でした。

好みのドリップチップは交換が可能です。

ただ基本的に爆煙仕様なので、先細りタイプのドリップチップとは性能的に相性は悪そうな印象。

DSC 0017 - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~

コイルを外してみるとこんな感じ!

コイルはOリングでポットにはめ込むタイプ!

コイル

DSC 0018 - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~

付属されるコイルは2種類

●0.15オームXPコアコイル(装着済み)

●0.4オームXPコアコイル

どちらも爆煙仕様ですね!

DSC 0021 - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~

0.15オームXPコアコイルの中はこんな感じ!

推奨W数は60W~80Wです。

DSC 0020 - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~

0.4オームXPコアコイルの中はこんな感じ!先ほどの0.15Ωのコイルよりもメッシュの目が粗めですね!

推奨W数は20W~35Wです。

Cold Steel AIOを触ってみる

DSC 0022 - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~

って事で次は色々触っていきましょう!

モード

電源オン時にパフボタン3回連続プッシュでモード選択可能!

もはや普通に高性能なテクニカルMODと一緒なモードを搭載!

確認していきましょう!

●Powerモード

DSC 0023 - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~

●ワッテージモード…基本的なモードでW数で出力を調整できるモードです。

ポットメインで使う場合はこのモードで使っていきましょう!

DSC 0031 - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~

3段階で出力できるモードもあります。

Tempモード

DSC 0024 - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~

●温度管理モード…RBAをする時に便利なモード!

NI、TI、SS、TCRに対応!

Voltageモード

DSC 0025 - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~

●ボルテージモード…V数で出力を管理するモードです。

Bypassモード

DSC 0026 - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~

●バイパスモード…バッテリーの出力を直接コイルに流すモード

メカニカルMODと一緒な仕様。知識が必要です。

Curveモード

DSC 0027 - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~

●カーブモード…パフボタンを押してから2秒間の出力を細かく設定できるモード

立ち上がりの速さを好みで設定できるモードです。

rockモード

DSC 0028 - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~

設定した出力を固定させるかどうかのモード!

E-juicetestモード

DSC 0029 - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~

ドライバーンを感知してくれるモード。

オンにしておけば、リキッド残量を検知してドライバーンを防いでくれるモード!

リキッドの粘度を察知する系らしいです。

Cold Steel AIOを使ってみる

DSC 0032 - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~

それでは使っていきますよ!

まずはリキッドを入れていきます。

DSC 0033 - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~

一番最初のリキッドチャージ後は約10分ほどコイルにリキッドが染み込むまで待機します。

Cold Steel AIOで頂いてみる

今回は開封時に装着済みの0.15Ωのコイルで頂いてみます!

ちなみに、0.15Ωのコイルを装着させてMODの電源を入れると、自動で出力を設定してくれました。

0.15Ωのコイルの推奨W数が60W~80Wに対して65Wに自動で設定。

味とミスト

味に関しては、思っていたよりも普通。

結構しっかり味が出るモンだと思っていましたが、至って無難な印象。

PODっぽいフィルターが掛かった味の出方でした。

ミスト量に関しては0.15Ωのコイルを65Wの主力で焚いているので爆煙!

エアフローコントロール

DSC 0006 1 - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~

エアフローコントロールはエアホールにシリコンパーツをはめ込んで調整するタイプ。

シリコンパーツなしのドロー感はちょっと抵抗があるDLな印象です。

もっとドロー感を絞りたい方は、エアホールにシリコンパーツをはめ込みます。

片方塞ぐか、両方塞ぐかで極端なコントロールが可能です。

Cold Steel AIOに510アダプターを付けてみる

DSC 0035 - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~

ベプログショップでの購入なら510アダプターが付属されます。

DSC 0036 - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~

箱から出してみるとこんな感じ!

DSC 0037 - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~

装着させるとこんな感じ!

DSC 0038 - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~

アダプターの脱着はポットと一緒です。

DSC 0039 - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~

コチラもしっかりホールドされるので使用感にストレスは感じませんでした。

cats scaled - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~

アトマイザーは最大25mmぐらいまでは違和感なく乗せられましたよ!

って事で以上!

DSC 0034 - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~

もはやポットが使える、高性能なテクニカルMOD!

最初はポットメインで使用、後にRBAに興味が出てきたらそのまま移行できる素敵なデバイス!

VAPEデビューにオススメなデバイスです!

って事で気になった方はコチラ↓↓↓

adgprod - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~ 

Cold Steel AIO XPadtprod - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~

ポットとコイルはコチラ↓↓↓

Cold Steel系用 XPコイルadtprod - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~ 

Cold Steel AIO XP 交換用PODadtprod - 【Artery】Cold Steel AIO XP 4ml(コールドスチール エーアイオー)をレビュー!~最大120Wまで出力が可能な何でもできるAIOデバイス~

それでは皆様に幸あれ!

-POD型デバイス, テクニカルMOD, レビュー, 電子タバコ(ベイプ関係)