コイルビルド 雑記

ワイヤー(22.24.25.26.28.32ga)とヒートシンク(24mm)を購入しました。

1月 18, 2020

お疲れ様です!鷲厳です!

DSC 0084 1 - ワイヤー(22.24.25.26.28.32ga)とヒートシンク(24mm)を購入しました。

今回は、新しいワイヤーとアトマイザーとMODの間に挟むヒートシンクを購入!

DSC 0084 scaled - ワイヤー(22.24.25.26.28.32ga)とヒートシンク(24mm)を購入しました。

ワイヤー各種は楽天、ヒートシンクはAmazonで購入しました。

って事で見ていきましょう!

ワイヤー(Ni80:28ga、Ka:22ga)

DSC 0085 scaled - ワイヤー(22.24.25.26.28.32ga)とヒートシンク(24mm)を購入しました。

Ni80:28ga→扱いやすい細さなので、パラレルやツイスト、インナワイヤー用で購入!

Ka:22ga→今まで24gaまでの太さなら扱った事があるけど、22gaはどんな感じなのか気になって購入!

楽天で2つで1080円とお買い得でした。

ワイヤー(NI80:24ga、NI80:26ga)

DSC 0086 scaled - ワイヤー(22.24.25.26.28.32ga)とヒートシンク(24mm)を購入しました。

NI80:24ga→特に何も考えず24・26ぐらいはおさえといた方が良いかなと思い購入。

NI80:26ga→よくある太さのワイヤー、基本的にこれで充分。

コチラも楽天で2つで1080円だったので購入!

ワイヤー NI70:25ga、Ka:32ga

DSC 0087 scaled - ワイヤー(22.24.25.26.28.32ga)とヒートシンク(24mm)を購入しました。

NI70:25ga→(へぇ~こんなワイヤーもあるんや)と思い購入!

Ka:32ga→クラプトン系コイルのアウターワイヤー用として購入、以前購入した38gaでは細すぎてちゃんと巻けているのかよく分からなかったので、少し太めのワイヤーにしました。

気付けば4000円近くワイヤーを購入していました…

ヒートシンク(24mm)

DSC 0088 - ワイヤー(22.24.25.26.28.32ga)とヒートシンク(24mm)を購入しました。

Amazonでもワイヤーを見ていたら、このヒートシンクなるモノに遭遇。

なんじゃこりゃ…と思いながら、気になったので調べている内にポチっていました。

510ナットCNC加工ステンレス24mm放熱片、電子タバコ本体に熱の保護ナット、4色 (金色)
Ecotech

お値段は衝撃の399円

あまりの安さにポチっていました。(アマプラ会員なら送料無料)

さらに、夕方くらいにポチったのですが、翌日の夕方くらいには届きました。(恐るべきスピード感)

DSC 0089 - ワイヤー(22.24.25.26.28.32ga)とヒートシンク(24mm)を購入しました。

そもそもヒートシンクってよくわからなかったのですが…

RDA等アトマイザーとMODの間へ挟む事により、熱の伝わりを減らしMODやOリング等のダメージを抑える事ができます。エアフローが底面についているアトマイザーの場合、漏れによるMODへのリキッド直撃防止にも役立ちます。

っとの事。

後は、大き目なアトマイザーを付けたいけどバッテリーにあたってしまうMODとかにかますと高さが増すので、大きのアトマイザーも付ける事が可能になります。

ただ筆者は、別にそんな事に困っていなかったので、ただなんとなく購入した次第であります。

今回購入したサイズは24mmでしたが、22mmサイズもあります。

DSC 0090 - ワイヤー(22.24.25.26.28.32ga)とヒートシンク(24mm)を購入しました。

そんな、なんとなく安かったから購入したヒートシンクですが、ポジティブピンのデッパリが絶望的に出ていませんでした…

(はぁ…安かろう悪かろうやんけ…)

…率直にそう思いました。

しかし…

DSC 0091 - ワイヤー(22.24.25.26.28.32ga)とヒートシンク(24mm)を購入しました。

試しにアトマイザーを付けてみると、ポジティブピンが押し出されてガッツリ出てくれました。

(お…ええやんけ!)

前言撤回しました。

ヒートシンクを取り付けてみると…

DSC 0092 - ワイヤー(22.24.25.26.28.32ga)とヒートシンク(24mm)を購入しました。

まずはヒートシンクなしな状態(アトマイザーは24mmサイズ)

そして…

DSC 0093 - ワイヤー(22.24.25.26.28.32ga)とヒートシンク(24mm)を購入しました。

うむ…

ちょっと長くなった…

ただそれだけ。(筆者には…)

Ni70:25gaでビルドしてみる

DSC 0094 - ワイヤー(22.24.25.26.28.32ga)とヒートシンク(24mm)を購入しました。

っという事で折角なので、ビルドしていきます。

DSC 0095 scaled - ワイヤー(22.24.25.26.28.32ga)とヒートシンク(24mm)を購入しました。

内径3mmの8ラップでビルドしてみました。

DSC 0097 - ワイヤー(22.24.25.26.28.32ga)とヒートシンク(24mm)を購入しました。

デッキにセットして…

DSC 0098 - ワイヤー(22.24.25.26.28.32ga)とヒートシンク(24mm)を購入しました。

ウィッキングして…

DSC 0102 - ワイヤー(22.24.25.26.28.32ga)とヒートシンク(24mm)を購入しました。

完成!

あっ!…ちなみに画像はスコンカーMODですがヒートシンクを間に挟むと、スコンカーMODの意味がなくなるので気を付けてください!

ヒートシンクにはBFピンを取り付ける事は出来ませんので…

気になるお味の方は…

今回、Ni70:25gaとちょっと変わった素材のワイヤーでビルドしたワケですが、味の方は…

よく…わかんねぇ…

の一言です。

気持ち的には、いつもと違ったワイヤーだから(美味いのかも…)…な感じでした。

って事で以上!

ヒートシンクの方は使い方によってはマッチする方もいらっしゃるのではないんでしょうか?

ワイヤーもこれだけあれば、当分困らなそうです。

今回使ったアトマイザーはコチラ↓↓↓

adgprod - ワイヤー(22.24.25.26.28.32ga)とヒートシンク(24mm)を購入しました。

Royal Crown RDAadtprod - ワイヤー(22.24.25.26.28.32ga)とヒートシンク(24mm)を購入しました。

 

それでは皆様に幸あれ!

 

 

-コイルビルド, 雑記

© 2020 鷲厳ブログ