鷲厳ブログ

日々の生活にアクセントを!ベイプ、アフィリエイト、生活の中でいいなと思ったモノの紹介、雑記等…

いくつになっても恐竜って聞くとワクワクするよね!【プラネットダイナソー:EP1】を見ました。

【スポンサーリンク】
 

お疲れ様です!鷲厳です!

f:id:xxxl98yenxxx:20190226114856j:plain

今回はアマゾンプライムで見た【プラネットダイナソー:EP1】に登場する恐竜を紹介していきます。ある程度ネタバレしてます。

Amazonプライム・ビデオ
月額400円で色々なドラマ(日本・海外)や映画が見られるサービスで【プラネットダイナソー(プライム会員特典で見放題です)】のEP1をみました。

登場する恐竜

スピノサウルス(全長17m、体重11トン)

・地上最大級の肉食恐竜

・ティラノサウルス(12.5m)より約4mデカい。

・今から9500万年前にアフリカ北部の川や沼地を取り巻く広大な荒れ野に生息ワニに近い生活をしていた。(水中で大半を過ごしていた)

・主食は魚(オンコプリスティス:全長8m)など。

・狩りのやり方はワニの様に口の先に多くの穴が開いており水圧を測るセンサーの役割があったとされそのセンサーを水中に入れで獲物の動きを察知し狩っていた。

・水場の環境が変わると、大きな打撃となった。

・干ばつになり水場が干上がるとサルコスクス(全長12mのでかいワニ)にビビる

・厳しい時期には陸でも一応狩りはできた。(翼竜やイグアノドンを捕食)

・9400万年前に地球が温暖化し海面が上昇、スピノサウルスの生活圏である川や沼地が減少、魚を主食とするため環境の変化に抗えなかった。

オオラノサウルス(全長7m、体重3トン)

・植物食恐竜

ルゴプス(全長8m)

・スピノサウルスが食べ残したオンコプリスティスを食べ漁る。

・強靭な顎や頭の骨も強くない為狩りに向いてなく、食べ残されている残骸の掃除係だった。

カルカロトントサウルス(全長13m、体重7トン)

・一頭辺りの活動範囲は最大500㎢

・縄張り争いは、頭突きからの引っ掻き、そして噛みつき、縄張り争いが激化し頭骨に骨が削られた跡がつくことも…

・縄張り争いに勝利した方は、オオラノサウルスを狙う権利を得る。

・気嚢(きほう)という空気の袋を備えており、新鮮な空気を絶えず肺に送ることができた。(長距離を走れた?)

・毎日60kgの肉を必要とする為、活動的だった。

・狩りは奇襲で一撃を加えた後は、獲物が弱りきるのを待って捕食した。(もがく獲物を押さえつける程、頭の骨は強くなく、歯も骨をかみ砕くほど頑丈ではなかった)

・スピノサウルスとも争った。(実力はドッコイドッコイ)

これを見て筆者が思ったこと…

何もかも規模がデカすぎやろ(時代とかサイズとか)

体重も平気で~トンとか(笑)

スピンノサウルスとか8mの魚食ってるし

てか川に8mの魚とか12mのワニがおるとか危険すぎやろ

んで、喧嘩して骨が削れるってエグいやろ

だから、ワクワクする!

って事で以上!

恐竜という非日常にワクワクする30代のオッサンでした。

それでは皆様に幸あれ!

Amazonプライム・ビデオ
気になった方はこちらからどうぞ!(一か月無料期間もあるよ)

【スポンサーリンク】