鷲厳ブログ

日々の生活にアクセントを!ベイプ、アフィリエイト、生活の中でいいなと思ったモノの紹介、雑記等…

【電子タバコ】VAPE(ベイプ)デビューをするならポット型でメンテ不要のTARLESSで検討してみてはいかがでしょうか?【節約・禁煙・プルームテック互換機】

お疲れ様です!鷲厳です!

f:id:xxxl98yenxxx:20190718213808j:plain

今回は、メンテ不要のポット型ベイプをTARLESSを約9か月使い続けている筆者が、ベイプデビューを考えているけど何が良いかわからない、毎月のタバコ代がおこずかいを圧迫するのをなんとかしたい(節約したい)、禁煙をしたいけど自信がない、そんなあなたにTARLESSと言う選択肢の一つを紹介します。

 まず初めにTARLESSとは?

TARLESSとは、国内最大の電子タバコメディアのベプログがプロデュースする商品で、紙巻きタバコや加熱式タバコとは違い、ニコチン『0』、タール『0』、ヤニやタバコ特有のニオイがなく、タールによる口の匂いや歯の汚れも付くことがなく、周りの人や環境(吸い殻や灰などのゴミがでない)そして自分に優しい電子タバコ(ベイプ)です。


冒頭でも記述しましたが、筆者はそんなTARLESSを使用し始めてから約9か月経ちます。

勿論、9か月経った現在でも絶賛稼働中で、今は主に仕事の休憩時間やちょっとしたお出かけの時に使用しています。

そんな筆者は、今までにTARLESSに関する記事を9記事書いています。(この記事をいれたら10記事ですね)

普通のレビュー記事だったら、1記事を書いたらほとんどそれで終わりですが、この鷲ブロでは9記事書きました。(これで10記事目です!)

何故、そんなに書いたのか?

それは単純に筆者がTARLESSをめちゃめちゃ気に入っているかです。(ネタとして書いた記事もありますが…)


さて、本来ならここら辺で商品リンクページを1度いれておきたい所ですが、今回の記事はもう少しTARLESSの事についてあなたに知ってもらいたい為、もう少しお付き合い下さい。

では、まずTARLESSとはどんなモノか一回見て見ましょう!

まずはスペックから↓↓↓

・サイズ:縦幅106×横幅38×厚さ14mm
・抵抗値:1.6Ω(ロングカートリッジ) 1.2Ω(ショートカートリッジ)
・最大電力:32W
・電圧:3.2~4.2V
・カートリッジ容量:2ml
・バッテリー容量:900mAh
・充電電流:800mA
・対応充電器:1Aまで(2Aの急速充電器は使用不可)

文字で見るより実物で見た方が早いですよね!↓↓↓

まずはTARLESSの本体から…

f:id:xxxl98yenxxx:20190713171252j:plain

現在、筆者はTARLESSの事を気に入りすぎて白と黒の2台持っています。

黒のTARLESSが筆者の初めてのベイプになります。

黒のTARLESSのをしばらく使っていた中、TARLESSのの新色「パールホワイト」が発売されたので、勢いで白のパールホワイトも買っちゃった次第であります。

まぁ…ぶっちゃけ1台ありゃ充分ですよ(笑)

全体的なサイズ感はコチラ↓↓↓

f:id:xxxl98yenxxx:20190713172836j:plain f:id:xxxl98yenxxx:20190713172921j:plain

アイコスのポケットチャージャーと比較しました。

アイコスのポケットチャージャーと比べると割とコンパクトな事がわかりますね!

このコンパクト感が大正義でポケットがかさばらず、使用の際はスマートに取り出せます。

実際に持った感じはコチラ↓↓↓

f:id:xxxl98yenxxx:20190714142423j:plain

ちなみに、充電はアイコスのポケットチャージャーと一緒でmicroUSBのtype-B(ちょっと前のスマホと一緒の穴)で、内蔵バッテリーなので充電の際は線をさすだけになります。

f:id:xxxl98yenxxx:20190714152801j:plain

バッテリー残量の確認は電源オン時にパフボタンを押したときに光るLEDの色で確認できます。↓↓↓

100%~80%→白
80%~60%→
60%~40%→
40%~20%→
20%~0%→
バッテリー切れはLEDが赤点滅で5回

上の画像だと緑点灯なのでバッテリー残量は60%~40%だとわかります。

充電中は赤LEDが点灯し、満充電になると白LEDになります。

満充電だと余裕で一日持ちます。

次に筆者の最高のお気に入りポイントのキャップについて

f:id:xxxl98yenxxx:20190713173555j:plain

現在のTARLESSのは画像右の金属製のキャップが採用されており、耐久性は抜群です。

さらにキャップを閉めるときの音がジッポを閉める時のようないい音で男心を満たしてくれます。

ちなみに、キャップはTARLESSのお尻の部分に磁石で引っ付きます。

f:id:xxxl98yenxxx:20190714123853j:plain

一応、わかりやすいように白と黒を逆に付けてみました。

これが、何気に良い感じで、外したキャップの行方がしっかりしているので、まずキャップをなくすことがない!

そして、TARLESS本体のお尻に引っ付けることで使用する時にめちゃ持ちやすい。

そして、なによりあなたに伝えたい事が…

キャップがあることで吸い口を衛生的に保つ事ができる!

そうです!

とても当たり前な事なのですが、現在のベイプのほとんどは吸い口がむき出しなのです。

ですがTARLESSは…

キャップがあることで吸い口を衛生的に保つ事が出来る!

大事な事なので2回書きました。

もう一回書きましょうか?



もうやめときます。

TARLESSはコンパクトなのでポケットに入れがちです。

ただ、他のベイプだと吸い口がむき出しのでポケットに入れるのは少し抵抗があるかもしれません。

・吸い口からリキッドが漏れてポケットがビチャビチャになったらどうしよう…
・吸い口からホコリやゴミが入って故障の原因になったらどうしよう…

↑↑↑などと言った心配がキャップがあることで解消されます。

また、キャップがあることでスマートなフォルムになるのもgoodポイントです。

TARLESSのカートリッジとは?

f:id:xxxl98yenxxx:20190713172407j:plain

ポット型ベイプと呼ばれるTARLESSのカートリッジは2種類あります。

容量はどちらも2mlです。

左がショートカートリッジ(1.2Ω)
右がロングカートリッジ(1.6Ω)

このΩの数値が違うのは、煙(ミスト)量の違いだと思ってもらっても問題ないです。

f:id:xxxl98yenxxx:20190714144343p:plain

(画像↑↑↑は公式サイトベプログより)

ショートカートリッジの方がΩの数値が低い(1.2Ω)ので煙(ミスト)量は多めです。

ロングカートリッジはΩの数値が少し高い(1.6Ω)ので煙(ミスト)量はショートカートリッジよりも少なめ。

実際の煙(ミスト)量はどちらも紙タバコより多めに感じられます。

そして、一番の特徴はプルームテックのカプセルが使えるプルームテックの互換機でもあるという事。(ロングカートリッジのみ)

f:id:xxxl98yenxxx:20190714144021j:plain

↑↑↑実際にプルームテックのカプセルを付けてみた感じです。

しかも、キャップに予備のカプセルを付ける事が出来ます。↓↓↓

f:id:xxxl98yenxxx:20190714145120j:plain

ちょっとした出かけ先でもカプセルの心配をしなくてもよくなるのは便利ですね!

リキッドとカプセルのフレーバーで掛け合わせ次第で、無限に自分の好みの味を探せるのも楽しさの一つです。

リキッドの補給はスポイトタイプでもニードルボトルタイプでも問題なく補給しやすいです。↓↓↓

f:id:xxxl98yenxxx:20190714162827j:plain

ちなみにプルームテックのカプセルに合わせたリキッドも販売されています。(後述します)

ショートカートリッジは、プルームテックのカプセルには対応していませんがとにかく爆煙でって方向けになります。(筆者はショートカートリッジ派です)

好みに合わせて色々チャレンジしてみてください。(それもTARLESSの楽しみ方の一つです)

では実際にTARLESSを使ってみましょう!

操作・取り扱いはとてもシンプルです!

まずはTARLESSのカートリッジにリキッドを入れます!

f:id:xxxl98yenxxx:20190715220843j:plain

カートリッジのフタを回して開けて画像赤枠の所からリキッドを補給します。

スターターキッドならリキッドも付いています。(しかもリキッドを2種類選べます)

f:id:xxxl98yenxxx:20190715221103j:plain

カートリッジ満杯まで入れたい所ですが、満杯まで入れてしまうとフタを閉めた時にリキッドがちょっとお漏らししがちなので、9分目くらいまでリキッドを入れます。

f:id:xxxl98yenxxx:20190715221445j:plain

プルームテックのカプセルを使いたい方は、カプセルもさしておきましょう!

ここで注意ポイント!

新品のカートリッジにリキッドを入れたらすぐに吸いたい所ですが、カートリッジ内のコットン(白い部分)にリキッドが染み込むまで約10分ほどお待ちください!

すぐに吸ってしまうと、空焚き状態でカートリッジ内のコイルを熱してしまう為、リキッドの味が落ちたり、焦げ臭い感じになります。

また、カートリッジの寿命にも影響します。(カートリッジの寿命については後述します)

おいしく、楽しく、安全にTARLESSを楽しむ為なので、新品のカートリッジの最初の一回目のリキッド補給の時は、ちょっとだけ我慢です!


尚、ちょっとだけ我慢できた暁には、その後TARLESSのカートリッジの寿命がくるまでリキッドを足して、すぐ吸っても問題ないです。(中のコットンがカラカラになるまで吸った場合は別ですが…その際は、またリキッドを染み込ましてから~…の方が良いですよ!)

TARLESSを吸ってみる!

f:id:xxxl98yenxxx:20190714142545j:plain

電源オンは画像赤枠のパフボタンを素早く(1秒以内)5回押して起動させます。(この時青いLEDランプが点滅します)↓↓↓

f:id:xxxl98yenxxx:20190714154334j:plain

吸うときはパフボタンを押しながら吸って、パフボタンから指を離してから、吸い終わってください。

電源を切るときは、再びパフボタンを素早く(1秒以内)5回押して電源オフです。(この時も青いLEDランプが点滅します)

TARLESSを吸うときの注意点として

パフボタンを押す前に先に吸い口を咥えます。

パフボタンを押します。

吸います。(パフボタンを押したまま)

パフボタンから指を離します。(まだ少し吸ってください)

吸い終わったら口を離して、煙(ミスト)を吐き出します。

わかりやす(…いかどうかわかりませんが)く画像で表すと…↓↓↓

f:id:xxxl98yenxxx:20181221214306j:plain

こんな↑↑↑感じです。

ポイント!

要は、パフボタンを離した後も少し吸い続けると言う事。

そうする事で、カートリッジ内の気化したリキッドを吸い尽くし、気化したリキッドがまたリキッドに戻る事を防ぐ事が出来ます。

では、なぜそのような事をしなければならないのか?

これは筆者もそうだったのですが、ベイプデビューしたての頃はタバコやアイコスの吸い方と一緒な感覚で吸ってしまう事で、ジュルジュル感(吸った時にジュルジュルする感じ)が出来たり、液漏れの原因になってしまうからです。

リキッドを気化させるコイルと言われる部分があるのですが、そのコイルはパフボタンを押すことによって、熱せられその熱がリキッドに伝わってリキッドが気化します。

パフボタンを離しても、まだ余熱があるため、その余熱でリキッドが少し気化してします。

その気化してしまったリキッドが冷やされ、またリキッドに戻った時に、ジュルジュル感(吸った時にジュルジュルする感じ)やリキッド漏れの原因となります。

他にもジュルジュル感やリキッド漏れを考えられる原因はありますが、主な原因はそういった事だと筆者は思っています。

急に難しい事を言いましたが…

要は、パフボタンを離した後も少し吸い続け、気化したリキッド余すことなく吸い尽くす事で、そういった事は起こらないよって事。

少なくとも筆者は最初はこそはジュルジュルしていましたが、その後すぐに問題なく吸い続ける事が出来ました。

結局、慣れです。

しかもすぐ慣れます。(…というかクセ付きます)

吸い方について…

 紙巻タバコや加熱式タバコを吸った事がある方は、一度口の中に煙を溜めてから肺にいれてますよね?

ですが、TARLESSなどのベイプと呼ばれる電子タバコには、もう一つの吸い方があります。

DL(ダイレクトラング)と呼ばれる吸い方で、ミストを一度口の中に溜めるのではなくて、深呼吸をするように直接肺に入れる吸い方です。

ちなみに一度口の中に煙を溜める吸い方はMTL(マウストゥラング)と呼ばれています。

勿論、このTARLESSはDLでもMTLでもどちらでも吸えます。

プルームテックのカプセルを使うときはMTL

ショートカートリッジでリキッドだけを楽しむ時はDL

みたいな感じであなたの好みでチャレンジしてみてください。

あとTARLESSはエアフロー調節ができます。

f:id:xxxl98yenxxx:20190716215215j:plain

TARLESSのカートリッジの吸い口(ドリップチップ)の根本にあるリングで調節できます。(画像左:半開 画像右:全開)

このエアフロー調節は、吸っている時の抵抗を調節するモノで…

閉めると吸った感じが重たくなり、

開けると吸った感じが軽くなります。

こちらも、好みで調節してください。

ちなみに、プルームテックのカプセルを使用する際はエアフローは半開のMTLで吸うと紙タバコを吸っている感覚と似ています。

筆者はショートカートリッジを使う時は、エアフロー全開のDLで吸っています。

色々試してみて、自分にドンピシャな調整、吸い方を探すのも楽しいですよ!

TARLESSのカートリッジに寿命について…

先ほども記述しましたが、TARLESSのカートリッジには寿命があります。

つまりカートリッジは消耗品です。

気になる寿命は約1週間くらいです。

リキッドの種類や使用頻度に応じてそれ(約1週間)より長くなったり、短くなったりもします。

この辺は人によって完全に変わってきます。

ですが概ね(筆者の経験上)1週間くらいです。

リキッドの味が出なくなったり、焦げ臭い感じがしたら交換しましょう。

ちなみに再生もできませんので、素直に取り換えましょう!(筆者チャレンジ済)

それではここで、筆者がTARLESSを使ってみて良かったと思う事と気になった事を紹介して行きます。

TARLESSを使い始めてから、約9か月の間毎日使ってきた筆者のTARLESSレビューと思って読んでみて下さい!

ニオイが付きにくくなった

 紙タバコとは違い、TARLESSはニオイの原因となるタールやヤニが出ません。

正確には、あまりニオイが残らないと言った方が良いかもしれません。

紙タバコは完全にタバコクサイですよね?

アイコスやグローも紙タバコほどではありませんが特有のニオイが残ります。

ですが、TARLESSを含むベイプにはリキッドのフレーバーのニオイこそしますが、あまりニオイは残りません。

これは完全に筆者の感覚かもしれませんが、車の中だと特にわかります。

ちなみに、車の中でTARLESSを長時間吸うと車内がモクモクで真っ白になるので窓を少し開けましょう!

ベイパー(ベイプを愛するクールな人)が車内に2人もいれば、一瞬で真っ白です。

窓を全開にしましょう。(ミストを排出しながら走る車は、さながら機関車ですね!)

リキッドに種類がありすぎて迷う!

TARLESSのスターターキッドなら2種類のリキッドを選べます。

ですが世の中にはめちゃくちゃなほど(関西ではアホほど)の種類のリキッドがあります。

フルーツ系、ジュース系、タバコ系、お茶系、カクテル系などなど…

挙げたら、ほんとアホほどあります。

正直、自分のドンピシャなリキッドを見つけるまでにかなりの時間をお金を消費するでしょう!(筆者もまだ見つかっておりませんが、候補はいくつかあります)

ちなみに、リキッドを混ぜる合わせる事(フルーツ系とカクテル系の掛け合わせなど)で、更に泥沼にハマっていきます。

そのうち正解がわからなくなっていきます。

ですが、そういうのが楽しくなってきます。

しかし、世の名には様々なリキッドがあるのですが、一日30本の紙タバコを吸うようなヘビースモーカーな人にとっての生命線「ニコチン」は国内販売のリキッドには1ミリも入っていません。

なので、紙タバコや加熱式タバコを吸った時のような、キック感(喉にグッとくる感覚)はほとんどありません。

メンソール添加や爆煙で疑似キック感を感じる事はできます。

慣れない内は、物足りなくなるかもしれません。(プルームテックのカプセルを使う場合は別ですが…)

そして、国内にニコチン入りリキッドがない理由は…

ニコチンの譲渡・販売は薬事法で禁止されているからです。

では、なぜ紙タバコや加熱式タバコは問題ないの?

簡単に言えば、紙タバコや加熱式タバコはタバコの葉っぱにニコチンが含まれているからセーフなようです。

ニコチン入りリキッドについては、別記事に書いてありますのでそちらをご覧ください。(もしくは「ニコリキ」とかで調べてみてください)

TARLESSを節煙や禁煙の助けとして使用するなら、様々なリキッドをアホほど試すのもいいですね!

喫煙所で異彩を放つ事ができる!

TARLESSや他のベイプは灰や吸い殻がでません。

なので、喫煙所でよく混みがちな灰皿周りから少し外れて吸う事ができます。

サッと空いているスペースを確保しTARLESS持ち、パフボタンを5回押してすぐ「スパー」です。

アイコスのホルダーの加熱の待ち時間を待ってる人を横目に…

めちゃくちゃ短いスパンで灰皿に灰を落とすためにトントンしている人を横目に…

吸い終わったら、もう一度パフボタンを5回押し、TARLESSのキャップを「カチャ!」っと閉めてスマートに喫煙所を去る。

ちなみに、狭くて混んでいる喫煙所だとミストが多いので少し気を使うかもしれません。

その時は、輪っかでも作って場を和ませましょう!

カートリッジを複数持ち歩く事が出来る。

違うリキッドを入れたカートリッジを複数持ち歩けば、気軽に味変できます。

朝はコーヒー系、昼はさっぱりメンソール系、夜はカクテル系など。

TARLESS一本で複数の味を楽しむことができます。

容量が2mlと人によっては、足りないかもしれないのでカートリッジが複数あればストレスなくTARLESSを楽しむ事ができますね。

しかし、このTARLESSのカートリッジには初期不良もあります。

筆者も一度、初期不良品に当たった事があります。

その時、すぐに問い合わせをして迅速丁寧な対応をしてもらいました。

アフターフォローもバッチリですね!

ちなみに筆者は…

20181213161537

 こんな感じで100均で買ったケースに入れて持ち運んでます。(磁石で引っ付いてます)

おこずかいに余裕が出た!

 やはり、一番のgoodポイントはコレ!

月のおこずかいが2万円でソコからタバコ代を出している方は多いのではないしょうか?

更に、そこからお昼代やガソリン代まで出している方もいらっしゃると思います。

タバコ税の値上がりで、日々のタバコ代にヒィヒィ言ってる方もいらっしゃるかもしれません。

「おこずかいを上げてくれ!」

「じゃあタバコ辞めれば?」

そんな無慈悲なやり取りをした方もいるでしょう!

筆者もそうでした!

日々のおこずかいが足りなくなり、おこずかいの前借をした事もありました…

ですが、このTARLESSを使用する事で、ざっくりとですがタバコ代は4割減しました。

アイコス1日15本吸ったとして月11250円から約4割減です。

4000円くらいアイコスを吸っていた頃と比べ浮いています。(この計算だとTARLESS代は2か月でペイできますね!)

f:id:xxxl98yenxxx:20190325131733p:plain

こちらも参考にどうぞ!(画像↑↑↑は公式サイトベプログより)

ですが、TARLESSから始まった筆者のベイプ生活ですが、次第に他のベイプも気になってしまい、今では他のベイプに手を出す始末で、やはりおこずかいを圧迫している事には変わりありません…

新しいオモチャが気になって気になって仕方ありません…

ですが、無駄な浪費…とまでは言いませんが、月々の固定費(タバコ代)が減ったのは間違いありません。

浮いたおこずかいを溜め新しいベイプやリキッドに手を出す、浮いたおこずかいでちょっとコンビニで贅沢をする、浮いたおこずかいで家族サービスをする。(食事に行ったりとか)

そっちの方が充実してると思いませんか?

って事で以上!(まとめ)

長々とお付き合い頂きありがとうございました。

もう少しで終わるのでもう少しお付き合いください!

正直、筆者は色んな意味でTARLESSを購入して良かったと思います。

・TARLESS購入してから、ベイプと言うモノに深く興味を持った事。
・固定費(タバコ代)が減った事。
・家族にタバコクサイとあまり言われなくなった事。

今まであなたは、タバコを吸っていてワクワクした事はありますか?

TARLESSを手にすれば、高いお金を払って、周りからクサイクサイと言われた日々から少し変わった世界が見えるかもしれません。

少なくとも筆者は変わりました。

この記事があなたの人生をより良く変え、そして刺激的な生活へ変化するキッカケになれば幸いです。

www.syu-gen.com

コチラ↑↑↑の記事も参考のどうぞ!



TARLESSスターターセットはコチラ↓↓↓

TARLESSのカートリッジはコチラ↓↓↓

プルームテックのカプセルに合わせたリキッドはコチラ↓↓↓


それでは皆様に幸あれ!

2019年10月22日にターレスが進化したTARLESSPLUSが楽天市場にて発売されました。 

 詳しくはコチラ↓↓

www.syu-gen.com

 約3週間使ってみた結果がコチラ↓↓↓

www.syu-gen.com

 商品リンクはコチラ↓↓↓

 
 

カートリッジはコチラ↓↓↓